BLOGブログ
BLOG

辛い片頭痛 肩こり

2020/02/11
ロゴ

頭痛には、耳鼻科の病気や気圧
パソコン仕事による眼精疲労など原因は様々です。

知らず知らず奥歯を噛みしめていませんか?

頭痛を訴える方の3人に1人は
気が抜ける時間が持てた時に起こる脳の血管が拡がって痛む「片頭痛」 頭の周りの筋肉が緊張して痛む「緊張型頭痛」の方です。
つまり心身のストレスから解放されたときに急に血管が拡張することがあり、仕事のない週末などに「片頭痛」が起こりやすくなります。
「緊張型頭痛」を引き起こす原因は、ストレスであることが多く、長時間のパソコン操作などで同じ姿勢をとり続けている人に起こりやすい病気です。


一日中酷使した目を寝る前は休めてあげましょう
寝る前もスマホを見ていませんか?ブログ画像
■片頭痛の予防法
規則正しい生活を
週末の寝だめは避ける 寝不足、寝過ぎ、疲労、空腹など
■頭痛薬は根本的解決にはなりません。
多用すると胃の粘膜が弱り、胃の経絡である肩、首こりに悪循環です。
■頭痛のある方が食べてはいけないもの
チョコレート、チーズ、ハム、ヨーグルト、赤ワインなど片頭痛を誘発するといわれる食品の摂り過ぎには注意しましょう。
また
目の疲れにオススメの食品は、
ブルーベリー、アサイー、ナツメがオススメです。
■片頭痛の対処法
温めるのはタオルなどを痛む部位に当てると、血管が収縮して痛みが和らぎ軽減に役立ちます。
(もし、温めて痛みが増すようであれば、冷やすのが効果的な場合があります。)
静かな暗い場所で休む 頭痛の最中に体を動かすと痛みが増し、光や騒音でも痛みはさらに増してしまいます。できるだけ、静かな暗い場所で横になりましょう。


長時間同じ姿勢をとらない 姿勢を正して、ストレッチをこまめに行い、緊張をほぐしましょう。

● 首を左右に倒す
左手を頭にのせて、右肩の力を抜いて左側へゆっくりと首を倒します。反対側も同様に。左右とも5~10回程度ずつ行います。
イスに座って前屈
● イスに座って前屈
イスに浅く腰をかけ、脚を前に伸ばします。両肩の力を抜いてリラックスしながら、首を前にゆっくりと倒します。5~10回程度行って。
●枕の高さを調整 高すぎる枕、柔らかい枕は首の負担になるので寝具を見直すのも頭痛改善にオススメ♪


温めて、こりをほぐす マッサージ、蒸しタオル、半身浴などで温めて、首、肩の筋肉のこりを取り、血行をよくしましょう。